FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2006.11.02 (Thu)

母と電話

今日は半端なく機嫌が悪かった私。

理由は…①所長が細かすぎるから
     ②所長が八つ当たりしたから
     ③所長が私のせいじゃないミスを私のせいにしたから(明らかに取引先のミス)
     ④所長がケチ臭いから
     ⑤所長がいつも問題を起こすから


まぁ、他にも(所長がらみの)理由はあるんですが、とにかくムカついてムカついて!! 午後からずっと機嫌が悪かったんですわ。
特に③と④が原因。
久しぶりにトイレの壁、蹴っ飛ばしたもんね。
一言言ってやろうかと思ったけど、言ったところで結果は読めてたからひたすらシカトし続けて終業。
残業も洗い物もせずにとっとと定時に帰りました。
帰るときに、明日から③連休なのも思いっきり嫌味言われたし。
契約では「土日祝日は休み」なんだからね!!
当然の権利だっちゅーの!!
ふざけんなよ!!

その嫌味でマジギレスイッチON

何も言わずに事務所を後にしました。
マジでやってらんね―――!! 
私が何したんだよ!!
しかし…働く以上、逆らえない相手だからタチが悪い。
はぁぁぁぁぁ…。
今日は何もしたくないや…。
CADも簿記もやめやめ!!
自棄酒飲んで寝よう…。

家に帰ると、いつものように陽気な家族が陽気に出迎えてくれました。

【More】

夕食後、父がジャケットを買うというのでそれに付き合ってア○タへ行くことになりました。

出かける前、弟は先に風呂に入ると言い、母は祖母に用事があるからと叔父②のところへ電話をかけていました。
しかし、何回連絡しても繋がらないようです。
母「繋がんない…。叔父②んとこ出かけてるのかなぁ」
父「明日から連休だろ? みんなでご飯でも食いに行ってるんだろ? 後で連絡すればいいじゃねぇか」
母「そうね。でも、この時間にいないなんて…」
母は、納得のいかない表情で受話器を見つめていました。

しばらくして…

弟「なぁ、誰か俺に電話したぁ??」
風呂から上がった弟が、携帯片手に居間へやってきました。
母「誰も連絡なんかしてないけど」
父「大体、家にいるって分かってんのに電話するんだ?」
う「そうだよ、私も昼間連絡してないよ? 見間違いじゃない?」
弟「いいや!! 自宅って着歴出てるから」
う「何時よ?」
弟「えーっと…あ、6時半だ

う・父「…………」 

6時半…母が祖母のところへ連絡していたくらいの時間帯です。

父「おい、おまえさぁ、さっき叔父②んとこ電話したよな?」
母「したわよぉ? ……まさか!! あんたたち私が息子のとこに電話したって思ってるんじゃないでしょうね!?」
父「時間的にお前以外家電使ってねぇじゃねぇか
母「いくら私だって、あいつんちと息子の連絡先間違えないわよ!!」
う「母、自分で押した? 番号」
母「違うわよぉ?? 電話帳機能からかけたわよ??」
う「発信履歴見てごらんよ?」

母「そこまで私を疑うわけぇ?? いくら私がボケてるからってそこまでひどくはないわよ!!」

一同 あんたならやりかねないの!!

母「うるさいわねぇ…確認するわよ…ちょっと待ってなさいよ。全く失礼しちゃうわ!! いくら私だってねぇ………………………あっ

弟「どうよ?」

母「…………」
う「やっ……ちゃった?」

母「………私、認めない、認めないわよぉぉぉぉぉ!!

叫んだところで事実が消えるわけもなく…。
大方の予想通り、母は、叔父②宅にかけたつもりが弟の携帯にかけていたわけです。
しかも何度も…。
繋がるわけありませんて!!
っていうか繋がったら怖いわ!!

母は、頭を抱えながら叔父②の家へ再度連絡。
あっさり連絡が取れました。
叔父に
「あんたのとこ、今まで留守にしてなかった?」
としつこく聞いていた母。
当然、叔父②の答えは
「ずっと家にいたし電話も鳴らなかった」
そりゃ当然です。
いくら、アドレスが近い位置にあるからって家電と携帯間違えるかぁ?
今年も残り2ヶ月。
母の珍行動はまだまだ続きそうです。

追伸→その後、買い物に行き、酒とつまみにたこ焼きを買って帰った私は飲んだくれました。
母の大ボケ行動も今日の私には効果なし。
酒の力でも借りないと今日のイライラは押さえられなかったようです。

ちくしょー!!!
スポンサーサイト



EDIT  |  23:19  |  おとぼけ家族  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |