FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2006.11.09 (Thu)

読書の秋

借りて読んでない本、買って読んでない本が溜まりまくってます。

P1010777.jpg


東京タワー(途中)、天使と悪魔、大奥(途中)、幸福なるもの。
とりあえず、目に付いただけでもこれだけ…

あとね、これもまだ

P1010778.jpg


はい、こちらハリポタ最新刊。
まだ読んでませんよ。
読む暇がなくて手付かず。
ちゅーか、手を付けたら最後、多分徹夜してでも読みきるのが分かっているから手が付けられない。
このほかのもまだ何冊かあります(確か、古典落語全集みたいな本とかもあったぞ)。
やばいって、私。

しかも、この間古本屋さんで有栖川有栖の謎シリーズが2冊も出ていることに気がつき、途中になってしまっている京極夏彦も読み直したいし、三毛猫ホームズの読んでないやつも読みたいし…。
浅田次郎のプリズンホテルも今更だけど気になるし、池波正太郎氏の作品も読んでみたい。

昔は、本が大好きで週に5冊とか読んでたなぁ。
読むジャンルはその時々で違ったけど、あのころから好きな作家は変わらない。
有栖川有栖、赤川次郎、京極夏彦、原田宗典、小野不由美、さくらももこ(え? 違う?)…。

小学校高学年は『さようならこんにちわ』
中学校は折原みとと小林深雪が一部で大流行。
今読んだら
「世の中、こんなに上手くいったら失恋で泣くやついねぇ…」
とか思うんだろうけど、あの頃は
「こんな恋したぁい!!」
って真剣に思っていたなぁ(なんて…なんてイタイ奴)。
推理小説にはまりだしたのがこの頃。
高校は藤本ひとみが仲間内で流行って、片っ端から読んでいたなぁ。
この頃は歴史小説が気になってて、司馬遼太郎とか読んでいたっけ。
本好きな友達が多くて、面白い作家さんの情報が結構飛び交ってて。
私が好きな作家さん達はこの時期出会った気がします。
実際面白くて、バイト代やお小遣いが全て本に消えていったし、面白い、と聞けば、普段は読まないジャンルでも読んでいた頃でした。

懐かしいなぁ。
今じゃ、たまに古本屋さん行くくらいだもんなぁ。
本から吸収する物って多い。
自分の気持ちを表現する力だったり、言いたいことを文字にする力だったり。
テレビからじゃ、吸収できない物が沢山ある。
久々に本の虫になろうかな?
スポンサーサイト



EDIT  |  23:50  |  私の日常(日記)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |