FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2006.11.19 (Sun)

東京タワーを見て。

土曜プレミアム『東京タワー オカンと僕と、時々、オトン』を見ました。


【More】

大泉洋は気がついてみたら、えらいいい役者になっていました。
びっくりです。
色んな仕事で色んな物を吸収したんだろうねぇ。
やっぱり彼は『役者』なんだなぁ。
田中裕子さんも蟹江敬三さんも『こんなオカンとオトンなんだろうなぁ』って感じでね。
いいドラマでした。
悲しいラストなんだけど、それでもなんか温かい気持ちになれるそんなドラマでした。

オトンがオカンからの手紙にぬか床ついた手で涙拭うシーンや
「待って今食べるからオカン…」
のセリフに涙し、いつか自分も迎えなければならない『親の最期』を思わず考えてしまいました。

私は多分、自分の中で『親がいなくなるわけない』って思ってる部分があって、親は永久に自分の側にいるもんだって勝手に決め付けてるんだと思う。
本当はそんなことあるわけないのにね。

それと同時に生きてるうちにささやかながら親孝行しなきゃな、って思いました。
多分、今聞いたら

さっさと嫁に行け! そして孫の顔を

とかっていうことを言い出しそうな両親。
そ、それは諸事情ってもんがね、ありますからね。
こっちに置いておいて。

仕事が土日休みになってから、結構母に付き合って出かけるようにしています。
嫁に行ったら、今みたいに毎週末温泉行ったりそらと散歩したり、ドックランに行ったりできないもの。
台所でギャーギャー言いながら夕飯の支度もできないからね。
1年NEETしちゃったから、貯金も底ついてお金貯めなきゃならないから、親子旅行とかムリだからさ。
できるだけ時間が許す限り母や父と過ごす時間を作ろう。と。
大きな親孝行できないから、小さな親孝行でね。
塵も積もれば山となるってね。

嫁に行く前にそら連れてペンションでも泊まりに行こうか?
箱根でも、伊豆でもいいや。
その前ににーさんと偵察に行って来るから任せて(笑)
北海道旅行もね、来年の夏に実現しようね。

なーんて、言ってたって翌日には大喧嘩とかして
「母、ムカつく!!」
とかってブログにアップしてんだろうなぁ。

☆業務連絡☆
バーバラへ。
そら様からのありがたいお言葉です、ひれ伏して聞くよう。
「うちこを伴っていく伊豆(箱根)旅への同行を許可するぞよ」
スポンサーサイト



EDIT  |  15:15  |  水曜どうでしょう/CUE  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |