FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2007.03.19 (Mon)

一周忌

今日は、今まで必死になって作ってきた書類がお役所の検査にかかる日であり、そして祖母(父方。母方は健在でそらの専属ニットデザイナー)の一周忌でもあります。

今日は、おばあちゃんとの思い出をちょっとだけ語らせてください。

おばあちゃんは、具合を悪くするまではどこまでも「シルバーカー」を押して出かけていくそりゃあアクティブなお人でした。
曲がった腰で畑仕事に精を出し、老人会に出かけ、日曜日は我が家にやってきてNHKのど自慢を見て帰る・・・。
「わたしは100まで生きる」
が口癖で、よくそういってたっけ。

私も
「おばあちゃんが100歳になったら『元気な100歳』ってコーナーにおばあちゃんと出演する、おばあちゃん『梅干しの歌』を披露する。ってのが私の人生計画にはいってるんだからね」
って言い続けたもんね。
残念ながら、その約束と人生計画は叶わぬままだったけれど・・・。

・・・いけないいけいない。
しめっぽいわ。

こんなおばあちゃんですが、けっこう伝説を残してくださっておりまして。
そんな伝説とともにおばあちゃんを懐かしもうと思います。

【More】

①朝5時の家庭訪問。

それは父と母が新婚間もなかった頃。
朝、5時。

「ピンポーン」

と玄関のチャイムが。

父「誰だ・・・こんな朝早くに・・・」

眠い目をこすりながら父が玄関を開けると

祖母「おはようございます」

父「おかぁ!!!」

そこにはおばあちゃんが!!

爆睡している母を父がたたき起こします。
しかし、母には事態が飲み込めず。

父「起きろ!! おかぁが来ただ!!」
母「んな冗談を・・・まだ5時だよ5時!」
父「本当だって!! 起きて茶を入れろ、茶を!!」
母「んなバカな話・・・・・・」
すったもんだを繰り広げる夫婦。
そら、母からしてみれば信じられるわけない。
朝5時に旦那の母がやってくるなんて・・・。
でも、

祖母「おはようございます

そこにおばあちゃんはいたわけで・・・

「お、おかーさん!!」

母があわててお茶を入れ、父が押入から座布団を取り出し、うちこ家の朝は始まったそうです。
おばあちゃんはお茶を飲んで世間話をすると、何事もなかったかのように帰宅したそうです。

しかもそれが1週間!!

母は今でも
「ありえない」
と当時を振り返ります。
我が家から父の実家までは徒歩10分ほど。
末っ子の父が心配だったのかしら・・・。

②春日井のグリーン豆事件

おばあちゃんは毎週日曜日、うちこ家にくるのが日課でした。
その際、畑で取れた野菜やお菓子を買ってきてはうちこ家に差し入れてくれていました。
お菓子は、おばあちゃんセレクトのため、私と弟的には
「ビミョー」
なものが多かったけど、今考えれば少ない年金から私達の為に買ってきてくれたわけで・・・。
その中にある日たまたま、私の大好物のひとつ、「春日井のグリーン豆」がありました。
私、久々に大喜び!!

う 「おばーちゃん、ありがとう!! これ大好きなの!」
祖母「そうかい、あんたはそれが好きなのかい」
う 「うん!!」

その翌週、おばあちゃんは春日井のグリーン豆を買ってきました。
その翌週もそのまた翌週もおばあちゃんはグリーン豆をかって来てくれました。

しかし・・・。
いくら大好物でもこうも続くと飽きる(3ヶ月目突入)。

父がさけのつまみにたべるにしても、そうは減らない。
最初の内は喜んで食べていた私も、さすがに日々グリーン豆は・・。
チョコが食べたいとせがんでも、出てくるおやつはグリーン豆
夕飯後、母が
「食べる?」
と持ってくるのもグリーン豆
友達が遊びに来てもグリーン豆
遊びに行くとき持たされるのもグリーン豆・・・。
エブリデイ・エブリタイム、グリーン豆・・・。

昔、思ったよ。
グリーン豆におぼれてみたいと。
部屋中をグリーン豆で埋めてみたいと。
でも、それは幻想で十分だったわ。
たぶん、向こう10年分はグリーン豆食ってるって。
私ら、鳩になっちゃうよ~(泣)
 
♪ぽっぽぽー はとぽっぽー
 グリーン豆がほしいかそらやるぞ~
 みんなで仲良くたべ・・・・たくないわい!!

家族がグリーン豆地獄にはまっているとは知らないおばあちゃんは、

「うちこ~。今日もねあんたが大好きなお豆、買ってきたよ」

とニコニコしながら袋を差し出したのでした。


こんな伝説を残したおばあちゃんですが、100歳まであと4ねんという96歳で亡くなりました。
大往生です。
家からそんなに遠くない特養におばあちゃんを見舞ったのは、おばあちゃんが亡くなる3年前くらいでした。
仕事が忙しいのにかまけて、母達と見舞いに行けなかった私は弟に急かされて顔を出しました。
元気なおばあちゃんを見たのはそれが最後。
車いすには座ってたけど、自力で車いすを押せるくらい元気で。
だいぶ耳は遠くなってて、白髪も増えたけど、相変わらずよく話すおばあちゃんで。
そのときも
「わたしゃ100まで生きるんだ。ねぇ、うちこ。あんたとテレビに出るんだもんね」
と言っていました。
だから、
「ご飯を食べなくなった」
って連絡があって、あんなにあっさりと旅立つなんて思わなかった。
おばあちゃんは100まで生きるって勝手に決めつけていたから。
元気なおばあちゃんしか頭になかったから。

もちっとババ孝行したかったな、おばあちゃん。
でも、ありがとう。
弟はおばあちゃんのおかげでゆで卵、すごく上手に茹でるよ。
母も、父が大好きなおばあちゃんの茶碗蒸し、しっかり継承してるよ。
味が一定しないのが残念だけど。
嫁に行くまでに私も覚えるよ。
父はよく本家に行くよ。
しばらくの間は普通だったけど、どうやら後々になっておばあちゃんショックがきたらしいよ。
末っ子だもんね。
おばあちゃんだって父のことがかわいかったんだよね。

・・・・またしめっぽくなっちゃった。
ありがとう、おばあちゃん。
今年のお盆も心配性の父が迎え火焚くだろうから、そしたらまた家にも遊びに来なよ?
居間のいつもの柱んとこ、開けて待ってるね。
スポンサーサイト



EDIT  |  11:33  |  私の日常(日記)  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

*Comment

★すてきなおばあさんですね。

グリーン豆のは、笑った。
うちのオットの母もそういうタイプで
オットから「絶対に 好きだ とか おいしかったっていうな」といわれてます。w
言っていいのは「ありがとう」だけ。
でないと地獄の責め苦にあいます。

やさしいすてきな思い出ばかりですね。
はなこmama |  2007.03.21(Wed) 07:15 |  URL |  【コメント編集】

コメントありがとうございます♪
はなこmamaさんの義母さんもばーちゃまと同じたいぷなんですね。
「美味しかった」
って言った後の地獄、目に浮かびますよ~
悪気がないのがわかっているから怒るにおこれないですしねぇ(汗)。
グリーン豆を見るたびにあの時の地獄が浮かびます(笑)
すてきなおばあちゃんなんて・・・きゃ♪ 
おばあちゃんもきっと喜んでます☆ありがとうです♪

うちこ |  2007.03.27(Tue) 22:37 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |